ガンプラ 塗装

ガンプラ 塗装

MG グフ Ver2.0を改造・ディティールアップし塗装しました!

「ザクとは違うのだよ、ザクとは」と言うことで“グフ”を製作しました。MGザクVer2.0とMGグフVer2.0では、内部フレームの共通部品が多いですが、完成後の大きさはグフの方が少し全高があります。ザクⅡの頭頂高17.5m、グフの頭頂高18.2mと実物の大きさに違いがあることから、ガンプラもグフの方が少し背が高いです。
ガンプラ 塗装

MGガンダムアストレイ レッドフレーム改をキャンディーorパール塗装!

METAL BUILD ガンダムアストレイ レッドフレーム改の美しさに魅了され、MGガンダムアストレイ レッドフレーム改をキャンディー塗装+パール塗装をしてみました。 MGガンダムアストレイ レッドフレーム改 各部パーツ ...
ガンプラ 塗装

ガンプラを素組みでカッコよく!無塗装で簡単に光沢・つや消しに仕上げる

ガンプラを無塗装でカッコよく仕上げる計画! ガンプラの製作で、素組みでの完成後に「もう一工夫したい」という場合に簡単にできるフィニッシュの方法があります。 自分の完成イメージが、“ツヤツヤ光沢派”か“シックなつや消し派”でも、無...
ガンプラ スジ彫り

MGギラ・ドーガを全塗装!スジ彫りとシャドウ吹きで重量感アップ!

ガンプラのMG(マスターグレード)ギラ・ドーガを多少のスジ彫りと全塗装で仕上げました。 MGギラ・ドーガ 内部フレーム組み立て ガンプラのマスターグレードの醍醐味と言っても過言ではないほどのメカ・ロボット感が味わえ、1/...
ガンプラ 塗装

SD シャア専用ザクをTHE ORIGINのような深紅の赤に塗装!

SD シャア専用ザクを、ガンダムアニメ「THE ORIGIN」のようにシャープで濃い赤のカラーで塗装しました。 SD シャア専用ザク 組み立て 最初は頭部の組み立てから始まります。 頭部の開閉し、モノアイが...
ガンプラ 塗装

ガンプラ初心者がSDゼータガンダムをスプリッター迷彩塗装に挑戦!

ガンプラの製作で、オリジナリティーのある塗装方法としてスプリッター迷彩があります。 戦闘機の迷彩を見たときカッコいいと思い、この塗装をガンプラでチャレンジしました。 SDゼータガンダム 組み立て SDゼータ...
ガンプラ エアブラシ

ガンダムマーカーの種類とエアブラシシステムでガンプラを本格塗装!

ガンダムマーカー 全塗装からスミ入れまで揃う、ガンプラにはほぼ必需品のペンです。 これから、ガンプラを始めようかな? という人にぴったりの塗装アイテムです。 サインペンのようなものから、筆ペン、ポスターカラーのよ...
ガンプラ 塗装

スミ入れシャーペンでガンプラにスミ入れが書く感覚で簡単にできる!

ガンプラのスミ入れにシャーペンで線を書く? しかし、これなら失敗の少なく、もし失敗しても消しゴムで消せる安心感場あり、スミ入れの第一歩として定評があります。 簡単に言えば、立体のものに線を書く!それも、刻まれた溝に線を書く!これ...
ガンプラ 塗装

ガンプラ スミ入れのやり方とどんな場所にすればいい?と聞かれたら

スミ入れとは、ガンプラなどの、パーツの表面に刻まれている溝に塗料を流し込むことをスミ入れといいます。パーツの溝のことをモールドといい、カーモデルの場合ドアの部分など、実物なら開く場所などにモールドが彫ってあります。その、ドアのパーツが分離しているかのように見せる影の部分に色を付けることで、開閉するかのように見せる技法です。
ガンプラ 塗装

ガンプラのメタリック塗装!ガンプラがメタルカラーでさらに重量感

ガンプラメタリック塗装 ガンプラをオリジナルの塗装で表現し、特別な機体にするというおすすめ塗装です。 金属の重みを考えたとき、シルバーを思い浮かべます。 実物の機体表面に塗装を施さず、金属地を露出したまま運用される機体の状...
ガンプラ 塗装

ガンプラ初心者の塗装!下地にサーフェイサーって必要?役割と効果

サーフェイサーとは ラッカーパテや溶きパテなどをさらに薄め、塗装できる状態にしたものです。 サーフェイサーを吹き付けることにより、表面のキズ発見、小さいキズ消し。遮光効果があります。 また、下地の色を均一にリセットすること...
ガンプラ 塗装

ガンプラ筆塗り前の下地処理 サーフェイサーで塗装の表現力アップ!

ガンプラを塗装する前に、下地の処理をしておくと、筆塗りでの塗装が楽になり、スムーズに塗装が進み、仕上がりが良くなります。 下地処理には、いくつかの方法があります。 ガンプラのゲート処理 最初に行うのがゲート処理です。 ...
ガンプラ エアブラシ

ガンプラの塗装の乾燥問題!湿気の対策 雨天や梅雨の季節に対抗するには?

ガンプラの塗装での湿気の関係 かぶりについて ガンプラやプラモデル製作の塗装の乾燥について・・・天候や湿気についての対策を考えてみました。 1年中毎日でも製作していたいガンプラですが、日本には四季があり気温や天候や湿度が...
ガンプラ 塗装

エングレービング塗装をシナンジュで体験!シールとは違う立体感に感動

初心者でも簡単エングレービング塗装を体験!難しいと思っていたシナンジュの彫刻のような模様の塗装が簡単にできた!ガンプラ エングレービング塗装とは、筆塗りでは困難なパーツの凹凸の部分の凸の部分だけ塗装をしたいときの塗装方法です。版画のようなイメージで、凸部分のみの色を拭き落とす塗装です。