ガンプラのメタリック塗装!MGズゴックをメタリックカラーでリペイント

ガンプラMG量産型ズゴックのイメージチェンジでメタリックに塗り直しました。

リペイントと言っても、上塗りで色を変えると軽くウェザリングをしているため、下地の粗さがそのまま上塗りの塗装面に出てしまうので、ある程度下地の塗装を落としてからの再塗装をしました。

ガンプラ メタリック 塗装

ズゴック塗装!MG量産型ズゴックをウェザリング塗装をしてみました!
ガンプラ ズゴックMGを製作 ガンプラのマスターグレードの中でも比較的簡単に製作できる量産型ズゴックを作りました。 MGシリーズのズゴックは“量産型ズゴック・シャア専用ズゴック”の2種類があります。 水陸両...

自分の気まぐれで「メタルカラーがいい」と思いつき、リペイントを開始しました。

リペイントの最初の作業は塗装落とし、一度塗装した塗料を落とす作業はキッチンペーパーなどに溶剤をを浸し拭き取りますが、意外と手間と時間が掛かります。

ガンプラ メタリック 塗装

塗装の失敗時にも同じ作業をしますので、できればあまりしたくない作業のひとつです。

ズゴックはパーツが大きく数が少ないため、あまり時間を掛けず塗装を剥がすことができました。

無塗装に近い状態にした後は、下地を光沢ブラックで塗装。

ガンプラ メタリック 塗装

シルバーに塗装する前は、下地をブラックにすることで、シルバーの発色を良くします。

ガンプラ メタリック 塗装

ボディーの水色の部分をシルバー、手足の黒い部分をメタルブラックに塗装しました。

腕とモモの部分は汚れのみを落として終了です。

普通にシルバーのメタルカラーではつまらないので、ちょっとアレンジを加えました。

メタルカラーに焼けを表現するために、クリアーカラーを追加。

この塗装は、普段バーニアをメインに塗装していましたが、今回はズゴック全体に施しました。

ガンプラの部分塗装でバーニアが初心者でもカッコよく塗装できるコツ
ガンプラの塗装で「ちょっとカッコよくしたい」と思うところがバーニアの部分です。バーニアのジェット噴射で焼けた色をリアルに塗装で表現します。塗装もシルバー一色だけでなく数色使いボカすことで、よりジェット噴射の熱を感じることができます。

クリアーカラーを塗装する部分にシルバーでボカシを入れてクリアーカラーの色がある程度キレイに出るように処置しておきました。

ガンプラ メタリック 塗装

そして、クリアーブルー・クリアーレッド・クリアーオレンジでパーツの角や段差の部分に焼けたようなボカシを塗装しました。

ガンプラ メタリック 塗装

ガンプラ メタリック 塗装

後は、組み立てて完成です。

ガンプラ メタリック 塗装
ガンプラ メタリック 塗装

分解時にリスクはありましたが、結構楽しめた塗装でした。

ガンプラ メタリック 塗装

大きいパーツの焼けのボカシ塗装は初めてだったので、色の加減やセンスの無さを思い知った仕上がりになりました😢

シルバーの塗料は、下地の色に影響されやすいので、部分的に下地の色を変えたり、シルバーの種類を変えることで、メタルパーツっぽい重厚感が出せる塗装です。

ガンプラ メタリック 塗装

シルバー塗装の上のクリアーカラーを全体に塗装すれば、キャンディー塗装も楽しむことができます。

しかし、この2体を並べると、活きカニと茹でカニにしか見えない…

また、いろいろな機体でチャレンジしてみようと思います。

スポンサーリンク