ガンダムマーカーの種類 ウェザリング塗装もガンダムマーカーで簡単!

ガンダムマーカーを使って、簡単にウェザリング塗装ができます。

ガンダムマーカーはペンタイプなので、初心者でもお絵かき感覚でリアル塗装が楽しめます。

あまり手を汚さず、手早く簡単に汚し塗装ができ、ペンタイプなので、使い終わったらペン立てに収納すれば場所も取りません。

ガンダムマーカーのチッピングとドライブラシ

ウェザリング塗装のチッピングとは、激しい戦闘のなかでの接触の擦れや、塗装の剥がれ、経年の劣化などを表現する塗装法のひとつです。

ガンダムマーカーのシルバーやグレーなどを使い、パーツの角など擦れやすい場所などに、塗装が剥がれた下地の金属の部分の色を出したりします。

ペン先を塗料皿などに押し当て、塗料を出して筆や綿棒などを使うと、より繊細な表現ができます。

筆先に塗料をつけて、ペーパータオルなどである程度拭とり、パーツにブラッシングをすれば、ドライブラシの可能です。

ブラウンなどを使うとサビの表現もでき、よりウェザリング塗装の幅が広がります。

ガンプラのチッピング!色の違いでウェザリングの表現力アップ
ガンプラのウェザリング塗装のチッピングとは、塗装の剥がれや欠けなどを表現する技法です。塗膜の剥がれ跡や錆など経年劣化を塗装で表現します。高価な道具は必要なく、初心者でもすぐに始められる塗装です。ガンプラの完成状態からでも塗装を楽しむことができ、違った視点でガンプラを楽しむことができます。
ガンプラのウェザリング方法!初心者必見 ドライブラシのやり方とコツ
ガンプラのウェザリング塗装でドライブラシは初心者でも簡単にでき、金属の擦れ感や使用感を出すことに最適な塗装方法で、特殊な道具を必要としない手軽に始められるウェザリングです。塗料の色のアレンジでサビや汚れなどの表現もできます。

ガンダムマーカーのウォッシング

ガンダムマーカーのリアルタッチマーカーを使い、パーツ全体に塗り込み、拭くだけでリアルな汚し塗装ができます。

部分的に汚す場合は、リアルタッチマーカーを塗ってから、ボカシペンで周りをボカすと自然な汚れが表現できます。

ガンプラウォッシング!初心者でも簡単な筆によるウェザリング
ウォッシングとは、ウェザリングの一種で、文字通り洗うという意味があります。ガンプラを筆などで洗うように全体に汚れをつけ、その後、適度な汚れを残しつつ拭き取りをし、経年のリアル感を出す塗装方法です。汚した後、拭き取りをすることにより、...

いろいろな色があるので、イメージ合った汚れが表現でき、自分の創造通りのガンプラが手軽に塗装できます。

使いたいときにすぐ使え、使い終わったらそのままペン立てに収納、ガンプラの製作が速やかにでき、完成が早いので自分の作品を早く見ることができます。

スポンサーリンク