MG サザビー Ver.Ka 製作レビュー!圧倒的な存在感に感動!

息子のお気に入りの機体がようやく完成しました。

学業や部活動が忙しく、なかなか制作が進まず四苦八苦していましたが、5ヵ月の期間を経て自分の力で満足のいく作品に仕上がりました。

息子がガンプラにハマりだし、まさかこんなデカいガンプラを買うなんて…

ガンプラ サザビーVer.Ka購入!製作意欲全開!デカさに感動!
ガンプラ MG サザビーVer.Ka (機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)が発売されてから、いまだ絶大な人気。マスターグレードと迫力の大きさ・内部構造の精密さ・メカの可動部分・変形のギミックなど魅力たっぷりです。

MG サザビー Ver.Ka 制作開始

欲しいものが手に入り箱を開けるとすぐに作り出したい!

mg サザビー ver.ka

箱を開けた瞬間心が弾みます。

パーツの大きさ、ボリュームなど見ただけで「かなりデカくなる」オーラを出しています。

サザビーの内部フレームの精密さや関節のギミックが素晴らしく「もの凄く出来がいい」、それにモノアイがLEDユニットで光るものだから、もう息子の心を鷲づかみです(笑)

ガンプラサザビー憧れの機体を購入!繊細なメカニズムと迫力が凄い!
ガンプラ MG サザビー ver ka(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア)の発売以降、いまだに根強い人気があり、キットの内容の充実がモデラ―の製作意欲を湧かせてくれます。マスターグレードとしての迫力のある大きさ、メカの可動部分の再現力に感動すること間違いなしです。

息子も、この精密さをみた途端、制作意欲が湧いて来たらしく

「これはカッコよく仕上げたいから、ちゃんと作るね!」って?今までの作品は…?と思っていたら、やはり素組でバシバシ組んでいる。

ちゃんと作るという話はどこへ行った!

mg サザビー ver.ka

それにしてもデカい!

MG サザビー Ver.Ka スジ彫り

突然「どうスジ彫りしたらカッコいいかな?」と聞いて来たので、「色々な人の作品を見て参考にして真似するもよし、アレンジしてオリジナルを考えてみれば…」

そういうと、必死に画像を検索しながら、「よし、コレ!」と言いながら決まったようでした。

「カクカクしたのはムリ」と言いながら、直線でスジ彫り開始!

mg サザビー ver.ka

ほんの少しでもスジ彫りをするだけで、最終的にスミ入れをすると完成時の精密さに差が出てきます。

ガンプラ スジ彫りのパターンを道具やセンスで上手くカバーする方法
ガンプラの改造で、ディティールアップを目的とした改造方がスジ彫りです。 道具の書類も豊富でエッチングガイドという初心者でも簡単にハイレベルなパターンが卦がけるプレートもあり, センスに自信がなくてもカッコいいラインが引けます。 ...

徐々に内部フレームも仕上がってきたのですが、見れば見るほどメカらしさに惚れ惚れします。

mg サザビー ver.ka
mg サザビー ver.ka

シリンダーの動きを見ているだけで、まったく飽きが来ない!しかも大きさもあり、この精密感はエンジニアの心を揺さぶります。

バーニアのエンジン部分は、ほぼ隠れてしまいますがコードや銅線などで配管をしてあげると、さらにリアル感が出るのでおすすめポイントなのですが、息子はまた今度と言っていたので、完成後にアレンジします。

mg サザビー ver.ka

これを外装で隠すのはもったいない気もしますが、これはこれで自己満足の世界!

mg サザビー ver.ka

「う~ん、ターミネーターのようだ!素晴らしい!」

MG サザビー 塗装

色々と塗り分けをしたいけれど、これは息子が自分自身で仕上げたいものなので、手出しは無用です。

素組を堪能したところで、ようやく内部フレームの塗装に入りました。

息子に「またバラスの面倒くさくね?」と聞いたら

「組むとき簡単に組める!楽しいから手間じゃない!」との答え。

まぁ、小さいパーツや、明らかに取れなくなるようなパーツを付けなければいいか…

mg サザビー ver.ka

ガンプラ初心者 塗装の手順できれいに仕上げるための前処理の方法!
ガンプラをきれいに塗装するための方法として、知っておきたい塗装始めの手順があります。 その手順とは、ランナーとパーツの切り離し、切り取った部分の処理、パーツの形成上のスジや段差、パーツ同士の接合部の合わせ目などの処理があります。 ...

それにしても部品が多すぎて1回では塗り切らない…いつもなら内部フレームの塗装は面倒くさがってランナーごと塗装をするのに、なぜか今回は素組みが先でした。

mg サザビー ver.ka

内部フレームの色合いも、つや消しグレー派とメタリック派に好みは別れますが、内部フレームはクレオスのGXメタルブラックで塗装をしました。

クレオスのGXメタルブラックは発色が良く、光の角度でシルバーっぽく見えたりするので、結構お気に入りの色です。

mg サザビー ver.ka

動力パイプなどは、シルバーにクリアイエローでゴールドっぽく仕上げました。これだけでも結構ボディー色の赤とマッチしそうです。

mg サザビー ver.ka

内部のシルバーの部分はクリアブルーでキャンディーっぽく塗装をし、変形後に見える部分をキレイに演出。

内部の骨格の部品が分かれているので、マスキングテープなどで色分けせずに塗装ができます。

一緒にバーニアの内側もクリアーブルーで塗装しました。

mg サザビー ver.ka

もう、だいぶ塗装も手慣れてきましたが、広い範囲の塗装はまだ自信がないようです。

これから外装の塗装に入るのに、ちょっと心配です。

mg サザビー ver.ka

もともと外装は数色に分かれている他、シールで色分けする部分もあります。

外装の塗装は4色と基本より少し色合いを濃く調合しました。

早く組みたい一心から、ランナーごとの塗装になってしまいました。

mg サザビー ver.ka

ガンプラエアブラシのおすすめはセット品!低価格から人気商品まとめ
ガンプラなどの塗装に、初心者でもすぐに始められるエアブラシセットのおすすめをまとめました。 エアブラシ塗装は、缶スプレー塗装とは違うキメの細かい質感の良い塗装ができ、一度エアブラシ塗装を体験するとハマってしまいます。 初心者がエ...

案の定、ゲートの痕が… でも目立たないからよし!

mg サザビー ver.ka

息子は、サーフェイサーを好まないので(面倒くさい)そのまま塗装をするのですが、ほぼ下地の色と塗料の色が変わらないので、塗装しやすいと得意がっていました。

塗り終えた途端「つや消しにしたかった」と… そこは、きちんと説明をしなければ!

「つや消しのザラザラな面だとデカールが張り付きにくいので、光沢か半光沢のツルツルの塗装面の方が貼りやすい! 最後につや消しのトップコートを吹けば、デカールも定着してくれる」と説明

「おーーーっ」と納得!

そして、再び制作開始!

mg サザビー ver.ka

「デカールは貼らないのかい?」と質問したところ

「全部組まないとデカールの位置が分からない」ということで、完成手前まで組み付けることにしました。

MG サザビー Ver.Ka LEDユニット

LEDユニットのことを思い出し、制作途中でしたが点灯式に入りました。

mg サザビー ver.ka

MGの最大の魅力と言っても過言ではないモノアイの発光!サザビーは頭部を脱着させてLEDユニットを埋め込みます。

ガンプラLEDユニットで電飾!光るガンプラで更にかっこよく仕上げよう!
ガンプラのLEDユニットを使って、モノアイやカメラアイなどを光らせるシステムが、最初から取り付けられる設定になっている対応キットがあります。メーカーでのオプションパーツなので、加工の必要がなく、そのままセットするだけのポン付けで、誰でも簡単に電飾が可能になる夢のようなシステムです。

そして、ある程度完成?これが見たいがために組付けた?

mg サザビー ver.ka

MG サザビー Ver.Ka スミ入れ

ここから苦手だと言っているスミ入れ作業をすることにしました。

mg サザビー ver.ka

外装はラッカー系塗料で塗装をしてあるので、エナメル塗料でのスミ入れも安心です。無塗装などの場合、エナメル塗料はプラスチックに浸透しやすく欠けてしまう場合があるので要注意です。

ガンプラ スミ入れエナメル塗料でプラスチックを割れにくくする方法
ガンプラのスミ入れの塗料で多く使われているエナメル塗料があります。そのエナメル塗料は、ラッカー系で塗装してあるガンプラなら問題ないのですが、素組のガンプラの場合、パーツが割れる場合があります。パーツの割れとは、プラスチックの素材やA...

MG サザビー Ver.Ka デカール貼り

デカールの殆どが水転写デカールなので、完成時にシールの跡が目立たずキレイな仕上がりになります。

ここから初めての水転写デカールに挑戦! おっかねー!!とビビりながら貼っていき、なんとか貼り終えてましたが、これも苦手と言っています。

話を聞いていると、組付け以外全て苦手と言っているような気が…

mg サザビー ver.ka
mg サザビー ver.ka

mg サザビー ver.ka

サザビーのデカールは、大きいものから小さいものまで数多くあったため、かなり練習ができ自信がついたようです。

何でもそうですが、経験が大事です。

ガンプラデカールシールの貼り方!デカール貼りで失敗しないためのコツ
ガンプラ製作での最終段階のシール貼りですが、ここまできて失敗はしたくありません。 ガンプラには、機種やグレードによって、何種類かのシールが付属されています。 キットに付属しているシールには、予備がないので、失敗を防ぐために、用意...

しかし、また数日放置状態にしてしまったために、アクシデント発生! パーツをまとめて置いていたために、一部剥がれが出てしまいました。

mg サザビー ver.ka
mg サザビー ver.ka

MG サザビー Ver.Ka トップコート

修復不可能と判断し、もうトップコートを吹き付けることにしました。

マスキングは仕切るだけなので100均の家にあったものを使用、色の塗り分けにはきちんとしたマスキングテープを使ったほうがいいです。

変形部分が多いので、パーツをバラバラにしなくてもトップコートの塗り分けができます。

mg サザビー ver.ka

mg サザビー ver.ka

そして、ちょこっとひと工夫! 変形する裏側のチラリと見える部分や、バーニアのコゲ跡、そしてゲート処理の部分に黒い影を付けることで、重みを増して手抜きをカバーします。

mg サザビー ver.ka
mg サザビー ver.ka

mg サザビー ver.ka

mg サザビー ver.ka
mg サザビー ver.ka

そして、組付けて完成!

mg サザビー ver.ka

mg サザビー ver.kaの最大の魅力、変形前と変形後の迫力の違いが存在感をアピール!

mg サザビー ver.ka
mg サザビー ver.ka

MGサザビーとMGサザビーVer.Kaを比較させると、ガンプラの進化がいかに凄いかが実感できます。

mg サザビー ver.ka
mg サザビー ver.ka

素組でもリアルさが体感でき、ちょっとのアレンジで更にゴージャスに変化するガンプラ!サイコーです。