.

ガンプラ塗装の筆塗り!部分塗装で細かいパーツをメカっぽく表現!

シャアザクのお手軽塗装の続きが始まりました。

内部フレームは、ランナー丸ごと全部一気に塗装をしました。

筆塗りでの色の塗り分けで悪戦苦闘の真っ最中です。

息子の様子を見に行き、どれだけはかどったか確認すると「あとどれを塗ればいい?」 と言ってきたので、

「ここもね!」 と指をさしたところ、

「細かいな~」 と、一言。

「これがメカっぽくてカッコいいんじゃん」

ガンプラ塗装の筆塗り

でも、ここは少しだけど見える部分なので、塗装することにしました。

あまりはみ出したくない部分なので、爪楊枝を選択し、頑張って塗っていました。

もうここまで来ると、早く組みたいらしく、そわそわしていました。

ほんのちょっとの塗装に費やした時間は、約1時間、ガンプラの塗装は時間がかかります。

それだけ、完成した時の達成感はあると思います。

しかし、まだ組付けもしていないのに

「やっぱりシャア専用機は汚さないほうがいいよね」 と一言。

「そだね、」 と返し、息子は

「シャアは機体を傷つけないイメージがある」 と言っていました。

きちんと仕上げたいらしく、汚すのはもったいないのでしょう。

私も最初はそうでした。

昔よく作っていた頃は、一度きちんと組み上げて満足しました。

当時は車のプラモデルが多かったのですが、引っ越しとともに消えていき、今は姿かたち、どこにも見当たりません。

その後はガンプラなども作るようになり、やはり、一度は丁寧に組み上げて、その後、はんだごてやルーター・カッターなどを使い、再起不能にしていました。

汚すというより、壊すに近かったです。

その残骸は、今どこえやら・・・

息子は大事にしてくれそうなので、ショウケースをどうしようか考え中です。

そんなこんなで、もくもくと作業を続け、ある程度の骨格の塗装完了です。

ガンプラ塗装の筆塗り

組付けは、今夜から早速始めることでしょう。

ちょっとだけ息子の手伝いをし、クロームシルバーの磨きをしました。

ガンプラ塗装の筆塗り

やっぱり、シルバーは光るときれいだ。

と思ったのも束の間、手の指を見たら指がシルバーに・・・

ガンプラ塗装の筆塗り

その指で、ザクを掴んだらザクがメタリックカラーに変身してしまいました。

ガンプラ塗装の筆塗り

おもしろがって触っていたらこんなことに・・・

この銀粉を落とすのに苦労しそうです。

スポンサーリンク