ガンプラメタリック塗装!MGシャア専用ズゴックをキャンディー塗装しました!

ガンプラ シャア専用ズゴックMGを製作

ガンプラのマスターグレードのシャア専用ズゴックを製作しました。

初心者でも簡単に組み立てることができるマスターグレード、仕上がりもカッコよく人気の機体。

部品点数が少なく、ひとつひとつのパーツが大きめなので間違えても組んでしまっても組み直しが容易にできます。

ガンプラ キャンディー 塗装ガンプラ キャンディー 塗装

マスターグレードということもあり、内部フレームはメカっぽく精密に作られています。

内部フレームを見た瞬間から、マスターグレードを製作するというワクワク感が出てきます。

ボディービルダーを思わせる骨格に、胸元のラジエーターも精密に作られていて、ラジエーターグリルのようなフィンも可動します。

ガンプラ キャンディー 塗装
ガンプラ メタリック 塗装
ガンプラ キャンディー 塗装

シャア専用ということもあり、きちんとシャアも搭乗します。

しかし、小さいため塗装がめちゃめちゃ大変!老眼に苦しみながら、それなりに見える程度に仕上げることができました。(ヘタクソですが…)

ボディーユニットと一体の頭部も魅力のひとつです。

その一体型の頭部の中のモノアイも左右に可動し、視線を動かすことができます。

モノアイの大きさも、ザクより大きく迫力を感じさせてくれます。

ガンプラ キャンディー 塗装
ガンプラ キャンディー 塗装

人型ロボット兵器で見た目“男前”というモデルが多い中、ズゴックはカッコいい“カニ”という感じで、斬新なデザインが人気を集めています。(シャア専用は赤いせいか、茹でたカニのような…)

見て楽しい・触って楽しい・動かして楽しい部分が、腕と脚のフレキシブルな部分です。

腕と脚が伸縮可能で、若干ですが曲げることができます。

ガンプラ キャンディー 塗装
ガンプラ キャンディー 塗装

この部分の制作が一番厄介ですが、組み立てている実感が持てる部分でもあり、プラモデルを組み立てている感覚よりもロボットを製作している感覚に変わってきます。

ガンプラ キャンディー 塗装
ガンプラ キャンディー 塗装

内部から見えるメガ粒子砲のケーブルがよりメカっぽさを演出しています。

このケーブルひとつで、おもちゃっぽさを無くし、高級感、お値段以上の質感に仕上げることができます。

ガンプラ キャンディー 塗装
ガンプラ キャンディー 塗装

脚も同様にケーブルが内部を通っています。

ガンプラ キャンディー 塗装
ガンプラ キャンディー 塗装

脚を伸ばせば、量産型より若干背が高くなります。

ガンプラ キャンディー 塗装

ガンプラ ズゴックMGの量産型とシャア専用の違いを比較してみた!

ズゴック塗装!MG量産型ズゴックをウェザリング塗装をしてみました!

もうひとつの魅力がゴムパーツ、ベロウズのようなダストブーツ?防水用?が装着されます。(組付け後はあまり見えませんが…)

ガンプラ キャンディー 塗装
ガンプラ キャンディー 塗装

指の部分にあたるアイアンネイルが3本爪と4本爪の設定ができます。

ガンプラ キャンディー 塗装

4本爪は映画“機動戦士ガンダムII 哀・戦士編”のポスターに描かれたものが、そのままMGシャア専用ズゴックに商品化されました。

こう言ったパーツが、ガンプラを組み立てながら、モビルスーツの特性を想像し、更に楽しみながら組み立てることができ、ますますガンプラが好きになってしまいます。

シャア専用ズゴックをキャンディー塗装

プラモデルに高級感を与える塗装の方法として“キャンディー塗装”という塗装があります。

メタリックとの違いは、より深みのある色合いに仕上げる塗装です。

そのキャンディー塗装を簡単に仕上げてみました。

シャア専用ズゴックのキャンディー塗装 下地

キャンディー塗装のベースは、シルバー系のメタリックで下地処理します。

シルバーの発色を良くするために、サーフェイサー黒かブラックで塗装します。

ガンプラ キャンディー 塗装

下地を黒にする理由は、シルバーの反射を良くするメリットがあります。

光沢ブラックの場合は鮮やかな発色、つや消しブラックの場合は重厚感など自分の好みで変えると、より味わいが変わります。

あまりシルバーに重みを出したくない場合は、明るめな下地を塗装することもあります。

そのあと、ベースとなるメタリックを塗装します。

今回、色合いを変えるためにシルバーとメタルブラックを使用しました。

ガンプラ キャンディー 塗装

ベースとなる色は、ゴールドや様々なメタリック色を使うと、上塗りのクリアーカラー一色でもいろいろな色合いを楽しむことができます。

今回は、ガイアカラーのクリアーレッドをチョイスしました。

ガンプラ キャンディー 塗装
ガンプラ キャンディー 塗装

シャア専用ズゴックのキャンディー塗装 下地塗装

使うブラックは人それぞれですが、今回はズゴックの外装を光沢ブラックで塗装しました。

ガンプラ キャンディー 塗装

光沢を使った理由としては、鮮やかな発色を心がけました。

そのあと、シルバーとメタルブラックでベース色の塗装をしました。

ガンプラ キャンディー 塗装

シャア専用ズゴックのキャンディー塗装 クリアーカラー塗装

キャンディー塗装の最も難しい部分が、塗装の厚みです。

塗装の回数や吹き付けの加減で塗装の厚みが変わってしまい、濃い部分と薄い部分ができてしまう場合があります。

色を重ねれば重ねるほど塗膜が厚くなり、ムラができてしまうので、均一に吹き付けることが重要なポイントになります。

クリアーカラーの調合で、液ダレを防ぐためにクリアーカラーに少し光沢クリアーを混ぜると吹きすぎや液ダレの予防になります。

ガンプラ キャンディー 塗装

もうひとつ失敗しないための工夫が、一対になるパーツを張り合わせ、まとめて塗装することで重ねたときの色の違いを防ぐことができます。

ガンプラ キャンディー 塗装

2つのパーツを1つにすることで、塗膜の厚みを均一にすることができ、塗料の節約や時間短縮に繋がります。

シャア専用ズゴックのキャンディー塗装 トップコート

クリアーカラーの上塗り塗装が終わったらデカールを貼って、いよいよトップコートの仕上げです。

トップコートは、よりよい光沢とデカールの保護をしてくれます。

ガンプラ キャンディー 塗装
ガンプラ キャンディー 塗装トップコート

そして、デカールのツヤのない部分にツヤを出してくれて、シールっぽさを無くしてくれます。

ガンプラ キャンディー 塗装
ガンプラ キャンディー 塗装トップコート

クリアーを重ねることで、色にツヤと深みが増していきます。

ガンプラ キャンディー 塗装

トップコートを2回重ね塗りをして完成です。

ズゴックは、部品の脱着が容易なので、外装を外して飾ったりして楽しむこともできます。

ガンプラ キャンディー 塗装
ガンプラ キャンディー 塗装

ガンプラ キャンディー 塗装

ズゴックは塗装するパーツが少なく、その分塗装面が大きいので、ガンプラの塗装の練習に持って来いの機体です。

広い面の塗装から、細かい塗装、そして塗装する角度やエアブラシの動かし方など、いろいろと勉強になる機体です。

塗装面が大きいので、いろいろな塗装方法にチャレンジができ、技術の向上に期待ができます。

是非、いろいろな塗装にチャレンジしてみて下さい。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ